介護福祉士は休みが取りやすい?派遣は人数不足の時に輝く
ロゴ

介護福祉士の福利厚生をチェック!人数不足の際に利用される派遣

介護福祉士は休みが取りやすい?派遣は人数不足の時に輝く

介護

介護福祉士とはどんな仕事?

介護福祉士の仕事は、まずは、一人で食事や入浴や排泄などができない高齢者や障碍者などの介護者のサポートを行う身体介護業務があります。そして、介護者やその家族からの、介護方針などについての相談に乗り、アドバイスをする相談や助言業務があります。他にも、掃除や洗濯などの家事や身の回りの世話をする生活支援業務があり、これら三つの業務から成り立っています。

介護福祉士の勤務時間

介護福祉士が働く福祉施設は、重度の介護者を抱えている場合が多いです。そのため、24時間体制でサポートしています。一般的には、日勤と夜勤に分けて、交代制で行っていることが多いです。そして、介護福祉士の人数が足りていないところでは、基本的にパートや派遣などで補足しています。しかし、それでも足りない場合は、ハードな労働環境になっている場合があります。

休みはどのくらいあるの?

介護福祉士の仕事は、昼も夜も関係ありませんし、平日や休日も関係ありません。そのために、介護福祉士が働く福祉施設は、24時間体制でサポートしています。そして、休日も交代制でとっている場合が多いです。また、休日の取り方については、勤務先によって違います。それは、固定日が休日になる勤務先もありますし、不定期日が休日になる勤務先もあります。

介護福祉士とヘルパーの違いを比較

介護福祉士の資格とは

介護福祉士とは、厚生労働大臣の指定する介護福祉士養成施設を卒業するか、介護職員として介護の仕事を3年以上経験した場合に、受験資格を得ることができる国家資格です。

ホームヘルパーの資格とは

ホームヘルパーの資格は、厚生労働省が定めた事業所で、養成研修を受けることによって取得することができる認定資格です。そして、介護職員初任者研修という資格と介護職員実務者研修という資格の二つがあります。