介護福祉士の業務内容を知る!派遣なら時間の融通が利く
ロゴ

派遣でもメリットあり!介護福祉士のやりがい

介護福祉士の業務内容を知る!派遣なら時間の融通が利く

面接

介護福祉士の一日

訪問介護の介護福祉士の一日ですが、まず事務所に出勤します。それから、今日訪問する足が不自由で、あまり歩くことができないおばあさんのケアプランを確認をします。そして、訪問したら、まずは、掃除と洗濯をします。そして、今日はお風呂に入れる日になっているため、風呂で体を洗います。その後、昼食と夕食の準備をして、昼食を食べてもらいます。それから、夕食を夜に食べるように言って、家をあとにします。最後に事務所に戻って、報告をして一日が終わります。

どんなときにやりがいを感じる?

介護福祉士の仕事の一つに、食事をすることや、入浴をして体や頭を洗うことや、排泄などが自分ひとりではすることができない高齢者や障碍者へのサポートをすることがあります。そして、場合によっては、一人で動くこともできないので、運んでいかなければいけません。このように、高齢者や障碍者のサポートをすることは、とても大変な仕事ですが、高齢者や障碍者の方に「ありがとう」などの感謝の言葉をもらうと、苦労がやりがいに変わります。

派遣と直接雇用のメリットを比較

派遣介護福祉士のメリット

派遣介護福祉士のメリットは、就業時間が正社員に比べて、融通が利くところです。そのため、短時間の労働や、夜間だけの労働などの、自分の働きたい時間に働くことができるのです。また、ひとつの施設でずっと働きたくない場合は、正社員だと転職しなければいけませんが、派遣だと事業所を転々とできることです。

直接雇用のメリット

直接雇用の介護福祉士は、就業時間はフルタイムになり、派遣介護福祉士のように融通は利きにくいです。しかし、直接雇用の介護福祉士は、派遣介護福祉士に比べて、給料は高いです。そして、安定しているところがメリットです。